お肌の紫外線対策クリーム

スポンサーリンク
スポンサーリンク

店頭に並ぶ紫外線対策のクリームには、いずれの容器にもSPFという数字が書かれています。SPFとは紫外線防御指数ともいい、肌の紫外線からの防止効果を表す指標です。肌に紫外線を浴びた時に、肌に影響がでるまでどのくらいの時間がかかるかを表したもので、SPF1につき20分の効果があります。SPF10なら200分となります。SPF15の日焼け止めを出かける直前に肌につければ、5時間は紫外線の効果をカットできます。買い物くらいならばこれで用足りるわけです。SPFの脇に記載されている+の記号は、肌への紫外線対策クリームの効力の高さを表します。+が一つの場合ですと,庭のお手入れやお買い物などの日常生活で紫外線から肌を守る用途に適しています。強い日差しの下で長時間の作業をしたり、スポーツをするという時は、+が2個のサンオイルがいいでしょう。日差しがきつい場所や雪山など、特に強力な紫外線対策が必要だという時は、+++の紫外線対策クリームを用いてください。敏感肌の方が紫外線対策クリームを用いる場合は、紫外線吸収剤が配合されていることもあるため、下地として保湿ジェルなどを塗ってから用いると肌を保護しながら紫外線対策ができます。効果アップを目指して、複数の紫外線対策クリームを重ねてつける方もいるようですが、それは意味がありません。SPF10の日焼け止めクリームを肌に塗り、その上から別の、SPF15の日焼け止めクリームを使っても、SPFが25になりはしません。+が1個の紫外線対策クリームと、+が2個のの紫外線対策クリームを併用したからといっても+が3個になるといううまい話があるわけがないのでてす。日焼け止めクリームを混ぜて使うことは、肌への紫外線対策になることではありません。

0

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました